当院の医療安全管理について

 

はじめに

当院は医療感染予防対策や医療事故防止対策などの医療安全が最も重要であると考え,日頃からスタッフとともに院内研修を行い,トレーニングを積んでいます.


基本理念(医療安全)



 当医院は、患者が安心して安全な歯科医療を受けられる環境を整え、良質な歯科医療を提供することを通じて、地域社会に貢献することを目的としている。 この目的を達成するため、全職員が 一丸となって、医療安全に対する意識を高めるとともに、個人と組織の両面から事故を未然に回避しうる能力を強固なものにすることが必要である。


感染管理の基本方針


スタンダードプリコーション(標準予防策)に則った感染管理に加え,以下に述べる3つの対策を厳格に守り鉄壁の感染管理を常に目指す.


第1:繰り返し使用する治療機械(器具)はオートクレーブによる滅菌を患者毎に必ず行う.


第2:単回使用器具(ディスポーザブル器具)は,患者毎に必ず廃棄する.


第3:治療中接触の可能性のある環境表面や滅菌ができず廃棄もできない治療機械(器具)は患者毎に必ずバリア材(疎水性のラップ材やビニールのスリーブ)でおおい,治療が終わる度(患者毎に)にそのバリア材は必ず廃棄する.


 


 


 

お知らせ

院長コラム

最近の投稿

Copyright© 2010 狩野歯科口腔外科医院のサイト All Rights Reserved.